ハイドロキノンソープ

しみ・くすみにはハイドロキノン★“状態だけ”でビューティー白を継続♪

紫外線のダメージでしみが!スキンは適切だった

スキンにはじっと見どころがあって、他人事だと思っていたしみ。
しかし、自分の外観にもできてしまいました。
しかも、ほっぺたの理想際立つところにそこそこって!

見つけたときの興奮といったら、何日間か寝込むほど。
は誇張ですが、大きなショックを受けました。
それに、相当考えると、しみ以外にもスキンにくすみが出てきた相性が・・・。

原因は分かっているんです。
今まで更にNGをしなくても紹介がなかった(ように見えた)ので、
曇りの日光とかには日焼け止めを塗らなかったりといった、油断してたんです(涙)

お肌隙に関してきた自分としては、このままじゃ終われない!
大慌てで、何かいいのはないかって見つけ出しました。

つい!状態だけでしみが消えうせる!?

探し出し始めたのはいいのですが、あっという間に、雑貨誕生でつまづきます。
ビューティー液などは、ペースや方式を考えるという、今までスキンケア経験のない自分にはハードルが高い。
事後、色々あって良く分からない!

PCの後で唸りながらWEBを転々。
そこに飛び込んできたのが「ハイドロキノンソープ」というキャッチボールでした。

ハイドロキノンにて調べてみると、“スキンの漂白剤”というふっと素晴らしい称号が。
他にも、ヒアルロン酸やビタミンC、パール、竹炭など、
スキンケアに疎い私でも「知ってる!」といった美肌真実がねっとり上がるではありませんか。

ルーチンも上手いし、状態だけなら簡単だし、直感でポチッといったエンド連絡を押しちゃいました♪

ビューティー白のための石鹸、ハイドロキノンソープ

石鹸なんて“汚れを落とす雑貨”という苦痛しかなかったから、
本当は中位、否極めて?発展を疑っていたんです。
ですから、しみが目立たなくなった時にはとても驚きました!

それに、使い始める前よりお肌がモチモチに☆
スキンの語勢も明るくなったみたいで、
マニアだけど似合わず諦めていた淡い色つやの衣裳も、さんざっぱら着られるようになりました!

そんなビューティー白を知ったら、もう手放せません。
蓄えを切らさないように、便所の棚には常備してあります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です